東欧雑貨
チェコ・ハンガリーを中心とした東欧雑貨、作家さんの1点ものアクセサリー・ハンドメイド雑貨、ヴィンテージ&アンティーク雑貨や東欧の手芸用品など幅広く扱うweb&実店舗&イベントへ参加している群馬県高崎市の雑貨屋ポンヌフのblogです。
2017.11    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13.05.2012
Comment:×
Trackback:×
群馬県桐生市作品 映画「からっぽ」前売り券発売!
>> 映画 / Theme:群馬県から / Genre:地域情報

映画「からっぽ」群馬先行ロードショー決定


群馬 桐生 ロケ 映画「からっぽ」 前売り券発売
先日群馬県桐生市でプレミア上映され大変盛り上がった映画「からっぽ」の
群馬県での先行上映が決まりました

5/19(土)~ユナイテッド・シネマ前橋と太田イオンシネマの2館で上映始まります!

※ポンヌフでの前売り券の販売は5月18日をもって終了しました!!
スポンサーサイト
02.04.2012
Comment:×
Trackback:×
映画「からっぽ」プレミア上映(桐生市シルクホール) チケット発売中!
>> 映画 / Theme:群馬県から / Genre:地域情報

映画「からっぽ」4/30(月 祝)プレミア上映チケット(前売り券)取扱い開始


映画「からっぽ」
高崎市の雑貨屋ポンヌフにて、群馬県桐生市でロケを行った話題の映画
「からっぽ」のプレミア上映チケットを販売致します

本作がデビュー作となる、弱冠27歳の映画監督・草野翔吾。
本作「からっぽ」は、彼の故郷であり、歴史ある街並みと豊かな自然をたたえる
群馬県桐生市で撮影された。
もともと織物業で栄え、現在もなお「ものづくり」の精神が受け継がれる同地に
集ったのは、次代の日本映画界を担う俳優・清水尚弥(ドラマ『山田太郎ものがたり』07/TBS)
と平愛梨(映画『20世紀少年』08/堤幸彦)。

テレポートという特殊能力を持った孤独な少年が、人との出会いによって、
自らの孤独を見つめ直す。その先にあった「からっぽ」を描くというテーマに、
新鋭の監督・主演・ヒロインが挑戦。(映画「からっぽ」公式HPより)

群馬県のハンドメイド作家さんたちの小物や洋服が映画に使用されているのも
話題です

今日時点で高崎での販売はポンヌフのみのようです。

上映日 :2012年4月30日(祝)
上映場所:桐生市民文化会館 シルクホール(1500名収容)
上映時間:1日2回の上映
- 13:30(昼) 上映開始
- 17:00(夕) 上映開始
※開場は各回30分前を予定

前売り券 一般1500円
      きりゅうファンクラブ会員1300円(会員証提示)
      学生1200円(学生証または、学生用チラシ提示)

*数に限りがございます。
購入希望の方は、ポンヌフスタッフまで。

雑貨店ポンヌフの場所は>こちらになります!
27.01.2011
Comment:×
Trackback:×
第25回高崎映画祭プレ映画祭にて「ポンヌフの恋人」
>> 映画 / Theme:お知らせ / Genre:ブログ
images.jpg
2/12(土)~2/18(金)シネマテークたかさきにて第25回高崎映画祭の
【プレ映画祭】が開催されます

上映作品は「ロベレ将軍」「髪結いの亭主」「暗殺の森」「ポンヌフの恋人」
「フェリーニの道化師」の5作品。
新旧のフランス・イタリアの名作選となっております。

まぁ~中でも注目は「ポンヌフの恋人」ですね!
ポンヌフ繋がりですし。。。

本国フランスで大ヒットした芸術作品

芸術作品とは言え、かなりぶっ!飛んでおります
タイトルは知っていても未見の方は多いかと思いますので、是非この機会に
スクリーンでの鑑賞をおススメ致します

>詳細はこちら
07.11.2010
Comment:×
Trackback:×
映画「瞳の奥の秘密」これ傑作です!
>> 映画 / Theme:伝えたいこと / Genre:日記
先日群馬県高崎市のミニシアター『シネマテークたかさき』にて上映中の話題作【瞳の奥の秘密】を鑑賞してきました。
日本では中々馴染みの無いアルゼンチンの映画なのです。
都内では、「TOHOシネマズ シャンテ」「新宿武蔵野館」などで上映され、興行的にも成功したみたいです。
マスコミ試写では、「傑作中の傑作」と高く評価されたり、本国アルゼンチンでは歴史的な大ヒットを記録したり、本年度アカデミー賞では、外国語映画賞を受賞!!(昨年はおくりびと)

僕個人的には、(現時点で)今年1番の満足した作品となりました

刑事裁判所を退職したベンハミンは、25年前に起きた忌まわしい未解決事件を題材に小説を書くことを決意!
かつての上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。
また25年前にはイレーネのことを密かに想いを寄せていました。
25年前の事件のこととその後。
それとイレーネとの純愛を絡めた大人のミステリー。

演出、演技は勿論のこと、音楽、カメラなどどれもが完璧。
久々に「傑作だった」と心から呼べる作品なのでしたぁ!

是非スクリーンでご覧いただければと思います。

群馬県の方には、11/12(金)まで『シネマテークたかさき』にて上映
● 12:20 / 17:10 の2回上映
1008201837256rz4_l.jpg
<写真提供シネマテークたかさき>
16.09.2010
Comment:×
Trackback:×
シネマテークたかさきにて「屋根裏のポムネンカ」公開
>> 映画 / Theme:お知らせ / Genre:ブログ
yane.jpg
高崎市制施行110周年/高崎市・プルゼニ市姉妹都市提携20周年
記念事業の一環として高崎市のミニシアターシネマテークたかさきにて
チェコ人形アニメ映画の名作と言われる「屋根裏のポムネンカ」
9月18日(土)~9月24日(金)まで遂に公開となります

屋根裏で繰り広げられるおもちゃたちの大冒険
今ではCGを多用したアニメがすっかり定着して、人気ではありますが
こんな温かみのある人形アニメもとても良いですよ!
時代の流れによって人形アニメの製作は、少なくなる一方だと言われていますが
お子さま~大人の方まで、是非楽しんでもらえたらと願っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。