東欧雑貨
チェコ・ハンガリーを中心とした東欧雑貨、作家さんの1点ものアクセサリー・ハンドメイド雑貨、ヴィンテージ&アンティーク雑貨や東欧の手芸用品など幅広く扱うweb&実店舗&イベントへ参加している群馬県高崎市の雑貨屋ポンヌフのblogです。
2017.08    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
>> スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27.12.2009
Comment:×
Trackback:×
「母なる証明」驚愕!の2時間9分
>> 映画
韓流映画はあまり観たことがなく、今年観たオダギリジョーの「悲夢」とか大傑作「オールドボーイ」くらいなもので普段ノーマークなのですが、日刊スポーツ映画大賞外国作品賞を「グラン・トリノ」「スラムドッグ&ミリオネア」「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を抑えて受賞したことも踏まえて、期待を胸に観て参りましたよぉ

いつもここで書いている映画のことは、「いい映画は映画館で観ましょう」との思いで綴っていますが、この作品は敢えておススメしません
元々ミニシアター映画などが好きで好きでという方には「是非に」とこの大傑作を言えるのですが、軽い気持ちで「ウォンビンが出てるから~」的な方は止めておいた方がいいかも

「ディアドクター」で映画賞総なめしそうな西川美和監督も嫉妬するポン・ジュノ監督は「韓国映画の怪力をこれからも注目してください」とコメントしていますが、その怪力に押しつぶされてしまいます

昔見た邦画の「砂の器」「鬼畜」にあったような奥深さや後味の悪い妙な感動がこの作品にはあります
圧巻のオープニング&エンディングに打ちのめされます
恐るべし「母なる証明」
091215161858w2rg_m.jpg
<写真提供シネマテークたかさき>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。